2019年6月27日(木)

日々激痛、希望なく自暴自棄(向き合う)
NPO法人「両育わーるど」代表 重光喬之さん(2)

コラム(社会)
2019/2/3 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

脳脊髄液減少症を患い、寝ても覚めても終わりのない激しい痛みとともに生き続けることになった。24時間365日、首や肩、背中、腰と骨髄に沿う部分に激痛が消えない。眠れず、文字を読んでも頭に入らないなど睡眠障害や記憶障害もある。

痛みを言葉で表現するのは難しい。あえて例えるなら、親知らずを抜歯した後のズキズキとした痛みが、首から腰に沿って絶え間なく存在している状態といったら想像できるだろうか。誰かと楽…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

 しげみつ・たかゆき 1979年東京都生まれ。大学院修了後、システムエンジニアとして民間企業に勤めていた2006年、脳脊髄液減少症を発症。退職後、12年に障害児を支援するNPO法人「両育わーるど」、16年に難病患者の当事者団体「feese」を設立した。

突然の痛み、脳脊髄液減少症に[有料会員限定]

2019/1/27 11:00

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報