2019年8月26日(月)

欧州委、8銀行に警告 国債取引で市場操作の疑い

2019/2/1 4:28 (2019/2/1 8:42更新)
保存
共有
印刷
その他

【ブリュッセル=森本学】欧州連合(EU)の欧州委員会は31日、ユーロ圏の国債取引を巡ってEU競争法(独占禁止法)に違反した疑いがあると警告する「異議告知書」を8つの銀行に送ったと発表した。銀行名は公表していないが、欧州メディアはドイツ銀行やクレディ・スイスやクレディ・アグリコルなどの名前を報じている。

欧州委員会本部ビル(ブリュッセル)=欧州委提供

欧州委は8行が2007~12年にユーロ圏各国の国債の売買を巡るカルテルを結び、市場を操作した疑いがあるとの「予備的判断」を示した。8行のトレーダーが金融情報端末でメッセージをやりとりする「チャットルーム」などで情報を交換し、公正な競争を阻害した疑い。

告知書の送付は、EU競争法違反を是正するための手続きの第1段階にあたる。欧州委が違法性を最終的に認定すれば、世界全体の収益の最大10%の制裁金支払いを命じる可能性がある。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。