/

牧水賞、穂村さんに授与 歌集「水中翼船炎上中」

宮崎県出身の歌人若山牧水にちなみ、毎年県などが優れた歌集の作者に贈る「第23回若山牧水賞」の授賞式が31日、宮崎市で開かれ、歌集「水中翼船炎上中」で受賞が決まっていた東京都在住の歌人穂村弘さん(56)が出席した。

授賞式であいさつする穂村弘さん(31日、宮崎市)=共同

同作は昭和時代の幼少期と青春期を回顧しつつ、現代を批評する内容。式に先立ち記者会見した穂村さんは、原発などを例示した上で、時代によって評価が変化する「価値観の反転」がテーマの一つだと説明した。

牧水の歌については「彼が歌う悲しさや寂しさは永遠のものだ。永遠の世界に手が届いていて、うらやましさと憧れを感じる」と語った。

穂村さんは札幌市生まれ。2008年に歌論集「短歌の友人」で第19回伊藤整文学賞を受賞。エッセーや絵本などの人気も高い。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン