2019年9月17日(火)

豪フォーテスキュー、鉄鉱石の18年10~12月の出荷量5%増

2019/1/31 20:30
保存
共有
印刷
その他

【シドニー=松本史】オーストラリアの鉄鉱石大手、フォーテスキュー・メタルズ・グループは31日、2018年10~12月期の鉄鉱石の出荷が前年同期比5%増の4250万トンだったとする生産報告を発表した。採掘や港までの鉄道輸送、出荷などで生産性が向上した。1トン当たりの生産コストは同8%増の13.02ドル(約1400円)だった。

フォーテスキューの18年10~12月期の出荷量は前年同期比5%増加(西オーストラリア州の積み出し港)

同社は生産報告の中で、中国の18年の粗鋼生産量が9億2800万トンと前年から増加したことを挙げ「中国の鉄鋼産業は堅調が続いている」とした。18年12月に鉄分含有量が多い高品位の鉄鉱石の出荷を開始したことも発表。19年6月期通期の高品位鉄鉱石の出荷が800万~1千万トンになるとの見通しを示した。

フォーテスキューは03年に創業、中国への鉄鉱石輸出で急成長した。英豪資源大手リオ・ティントや豪英BHPビリトンに比べて後発で、鉄分の少ない低品位品が主力だ。中国の大気汚染対策で低品位鉄鉱石の需要が落ちていることから、高品位の鉄鉱石鉱山の開発を急いでいる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。