北朝鮮、制裁逃れの実態続々 国連委報告書案判明

2019/1/31 21:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ニューヨーク=平野麻理子、ソウル=恩地洋介】国連安全保障理事会の北朝鮮制裁委員会の専門家パネルがまとめた報告書案が31日、明らかになった。海上で違法に積み荷を移し替える「瀬取り」による密輸や、中国業者への漁業権売却といった手法で制裁網をかいくぐる北朝鮮の姿が浮かび上がった。衛星画像の分析をもとに核関連施設が集積する寧辺(ニョンビョン)で核開発が続いているとも指摘した。

報告書案によると、北朝鮮…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]