2019年4月25日(木)

「食の安全」をデジタル化 イオンは作業時間6割減

サービス・食品
小売り・外食
2019/1/31 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

小売業や外食の大手が、デジタル技術を活用した食の安全対策に力を入れている。2020年6月から国際基準である「危険度分析による衛生管理(HACCP)」に基づく衛生管理が義務化されるのに対応。イオンはクラウドシステムを使いデータを一元管理し、ロイヤルホストは冷蔵庫の温度管理を自動化する方針だ。人手不足の中で衛生管理に割ける人材も限られ、効率化が進みそうだ。

イオンリテールは、ラベル大手のサトーホール…

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報