/

この記事は会員限定です

「食の安全」をデジタル化 イオンは作業時間6割減

[有料会員限定]

小売業や外食の大手が、デジタル技術を活用した食の安全対策に力を入れている。2020年6月から国際基準である「危険度分析による衛生管理(HACCP)」に基づく衛生管理が義務化されるのに対応。イオンはクラウドシステムを使いデータを一元管理し、ロイヤルホストは冷蔵庫の温度管理を自動化する方針だ。人手不足の中で衛生管理に割ける人材も限られ、効率化が進みそうだ。

イオンリテールは、ラベル大手のサトーホールディングスが開発したHACCP対応...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り835文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン