ポンタ運営会社、インバウンド向けにクーポン配信

2019/1/31 19:01
保存
共有
印刷
その他

共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営するロイヤリティマーケティング(東京・渋谷)は31日、スマートフォン(スマホ)上で訪日客(インバウンド)向けにクーポンなどを配信するサービスを始めると発表した。中国の騰訊控股(テンセント)の対話アプリ「微信(ウィーチャット)」などと連携する。増加が続くインバウンドの取り込みを狙う。

インバウンドを狙った2つのサービスを2月上旬に始める。1つはウィーチャットで、ポンタと提携している企業のクーポンなどを配信するサービス。クーポンは訪日中に来店した店舗で提示すれば使える。ロイヤリティマーケティングは、店舗の情報やクーポンを訪日客に配信したい企業の窓口となる。ウィーチャットは中国人を中心に世界で10億人に使われており、インバウンドの集客効果が見込めると判断した。

2つ目はインバウンド向けの観光アプリの提供だ。KDDI子会社のワイヤ・アンド・ワイヤレス(Wi2、東京・中央)と組み、「ポンタ・ジャパンWi-Fi」を開発した。インドネシア、マレーシア、韓国からのインバウンドを対象に提供する。

この3カ国では、ロイヤリティマーケティングがポイントプログラムを提供している。会員が日本での買い物などでためたポイントを帰国後も使えるようにする。日本全国にあるWi2のWi-Fiスポットで、無料でWi-Fiに接続できるほか、観光情報やクーポンもアプリ上で配信する。

観光庁によると、訪日外国人旅行者数は2018年に初めて3000万人を超えた。ロイヤリティマーケティングは今後もアジアを中心にインバウンドは増えると予想する。クーポン配信などで提携する企業数を今後増やす方針だ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]