10/22 23:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,548.90 +56.22
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
22,570 +110

[PR]

業績ニュース

中外薬の18年12月期、純利益最高 新薬が好調 増配も

2019/1/31 20:30
保存
共有
印刷
その他

中外製薬が31日発表した2018年12月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が前の期比27%増の924億円だった。親会社のスイス製薬大手ロシュ向けや国内で抗がん剤などの新薬が伸びた。事業売却益や新薬開発に伴う一時金収入も寄与し、最高益となった。配当を従来予想から24円積み増し年86円にする。

売上高は9%増の5797億円だった。ロシュ向けでは主力の抗がん剤「アレセンサ」の売り上げが2倍になった。国内でもアレセンサのほか、関節リウマチ治療薬「アクテムラ」や骨粗しょう症治療剤「エディロール」も好調だった。

中外薬は無形資産の償却費などを計上しない「コア営業利益」で業績予想を開示しており、19年12月期は前期比10%増の1430億円を計画する。血友病新薬「ヘムライブラ」などが貢献する。小坂達朗社長は「複数の大型製品が育ち、世界でトップクラスの競争力になった」と強調した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム