/

アマゾン、書籍買い切りへ出版社と交渉 物流費減らす

アマゾンジャパン(東京・目黒)は出版社から仕入れる書籍や雑誌について、売れ残っても返品しない「買い切り」を始める方針だ。書籍を返品する物流費を減らす。近く出版社と、対象の書籍や買い切りを始める時期を巡って交渉を始める。

書籍の取引は一般に、店頭で売れ残った分を書店が出版社に返せる「委託販売」となっている。これに対しアマゾンが始める「買い切り」は、いったん仕入れた書籍は返品せずに売り切る。

アマゾンは仕入れた書籍が売れ残った場合、どう売り切るか出版社と相談するという。発売から一定期間が過ぎた本を値引きする「時限再販」も想定している。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン