2019年8月20日(火)

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 20,655.60 +92.44
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
20,640 +60

[PR]

業績ニュース

LINE、最終赤字37億円 18年12月期 投資膨らむ

2019/1/31 20:30
保存
共有
印刷
その他

LINEが31日発表した2018年12月期の連結決算(国際会計基準)は、最終損益が37億円の赤字(前の期は80億円の黒字)だった。赤字は3年ぶりで上場後では初めて。スマートフォン(スマホ)決済といったフィンテックや音声人工知能(AI)など投資が増え、人件費やマーケティング費も膨らんだ。持ち分法投資損失も拡大した。

記者会見するLINEの出沢剛社長(31日午後、東京都新宿区)

売上高に相当する売上収益は2071億円と24%増えたが、営業利益は161億円と36%減った。ゲーム子会社への出資比率が低下したことで、株式評価益153億円を計上した。

分野別では無料対話アプリ「LINE」に関連するコア事業の売上収益は14%伸びた。広告収入やマンガ、音楽配信などが好調だったが、販促費が増えて事業営業利益は22%減った。

スマホ決済などの戦略事業は売上収益が6割増えた。スマホ決済「LINEペイ」の導入が国内で133万カ所となり、国内外合計の決済高は1兆円を超えた。ただ普及にかかるコストが重く、事業営業損益は349億円の赤字(前の期は176億円の赤字)となった。

19年12月期の業績予想は開示していない。同日会見した出沢剛社長は「LINEペイを中心に、戦略事業には前期の2倍の約600億円を投資する」と引き続き先行投資がかさむとの見方を示した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。