/

松橋再審、3者協議終了 熊本地裁、早期判決の意向

熊本県松橋町(現宇城市)で1985年、男性(当時59)が刺殺された松橋事件で、殺人罪などで服役した宮田浩喜さん(85)の再審公判に向け、裁判所と検察、弁護団の第4回3者協議が31日、熊本地裁で開かれた。協議は今回で終了。初公判は2月8日に開かれ、即日結審する。弁護団によると、地裁側は3月末までに判決を言い渡す考えを示唆している。

検察側は殺人罪について有罪立証を断念しており、判決では「再審無罪」が確実となっている。

認知症を患う宮田さんは再審公判に出廷せず、成年後見人の弁護士が立ち会う。

再審請求を巡っては、熊本地裁が2016年6月、捜査段階の自白の信用性を否定し、再審開始を認め、17年11月に福岡高裁が支持した。検察側は特別抗告したが、最高裁が昨年10月に棄却し、再審開始が決まった。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン