/

日野自、純利益3%減 4~12月期、為替差損響く

日野自動車が31日発表した2018年4~12月期の連結決算は、純利益が前年同期比3%減の378億円だった。海外を中心に販売は好調だったものの新興国通貨などで為替差損が発生した。

売上高は10%増の1兆4596億円だった。世界販売台数は約15万4500台と12%増え、この期間として過去最高だった。米国やタイで販売が伸びた。インドネシアでは小型から大型まで幅広い車種で需要が堅調だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン