2019年6月27日(木)

「超々バブル」はね返す使命 変調に備えはあるか
本社コメンテーター 梶原誠

梶原 誠
本社コメンテーター
2019/2/1 6:16
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

市場に漂う安堵感は本物なのか。そうでないとしたら、企業は何に備えるべきか。

「利上げの必要性はやや弱まった」。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が30日、米連邦公開市場委員会(FOMC)後の記者会見で市場の期待通りのひと言を放った。歓迎ムードは、世界に広がった株高に見て取れる。

投資家心理は昨年末に萎縮し、市場は混乱した。これを受け議長は年初の講演で金融引き締めを留保する姿勢を表明、萎縮に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

梶原 誠

本社コメンテーター

グローバル市場

東京、ニューヨーク、ソウル、香港を拠点に市場を通して世界を見てきた。アジア通貨危機、日本の金融危機、リーマン危機も取材。編集委員、論説委員、英文コラムニストを経て2017年2月より現職。市場に映る全てを追う。

    ソーシャルアカウント:

本社コメンテーター

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報