フラッシュメモリー事業に逆風 サムスン5割減益、SK赤字

エレクトロニクス
朝鮮半島
2019/1/31 23:19
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ソウル=山田健一】半導体世界首位のサムスン電子と同3位のSKハイニックスのフラッシュメモリー事業の損益が急速に悪化している。1月31日に出そろった両社の2018年10~12月期の連結決算で、同事業単体の営業利益は、サムスンが前年同期比で5割減の約1兆5000億ウォン(約1470億円)だったようだ。SKの営業損益は1000億ウォン(約98億円)程度の赤字に転落したもようだ。

フラッシュメモリーは…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]