2019年6月20日(木)

スバル、780台リコール 工場稼働停止問題で

2019/1/31 17:34
保存
共有
印刷
その他

SUBARU(スバル)の群馬製作所(群馬県太田市)が、部品に不具合が見つかったことで一時作業を停止していた問題に関連し同社は31日、「フォレスター」など3車種計約780台(2018年12月28日~19年1月16日生産)をリコールすると国土交通省に届け出た。

ほかの2車種は「インプレッサ」「XV」。国交省によると、ハンドルと車輪の動きを電動で制御する電動パワーステアリングの製造に問題があり、警告灯が点滅しハンドルが重くなるなどの恐れがあるという。

スバルは日立製作所子会社の日立オートモティブシステムズ製の部品に不具合が見つかったとして、1月16日に群馬製作所の稼働を停止し、28日再開した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報