2019年9月22日(日)

職場に「分身ロボ」 NTT東など、在宅勤務支える

2019/2/1 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ロボティクスや仮想現実(VR)、センサーなどを駆使して、自分の分身(アバター)が職場で働く未来が現実になりつつある。朝夕の通勤ラッシュや出張から解放されれば、働き方は大きく変わる。人手不足解消にも役立つ最先端のワークテクノロジー。アバターが働く職場をのぞいてみた。

■「雑談も聞こえる」 在宅勤務の疎外感が軽減

「室長、依頼された資料作成はこんな感じで進めていいですか」。NTT東日本の本社オフィスで…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。