/

モス、フォークやスプーンを紙製に 持ち帰り用

ストローは選択制に 2020年までに

モスフードサービスは31日、「モスバーガー」で2020年までに持ち帰り用のフォークやスプーン類をプラスチック製から紙製に変えると発表した。同時にストローを一律で提供するのをやめて選択制にする。対象となるのは直営店の約250店。

フォークやスプーン、マドラーは、持ち帰りでサラダやスープ、コーヒー類を購入した来店客に提供していた。紙製だが、軽量で強度があり、水にも強いという。プラスチック製のストローは店内飲食で必要な人にだけに提供する方式とする。

まず2月1日から大崎店(東京・品川)など5店舗で1カ月間、試験導入し、顧客の反応や使い勝手を調べて、問題がないかを確認する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン