2019年2月22日(金)

伊藤忠、天然ゴム調達を透明化 ブロックチェーン活用

自動車・機械
環境エネ・素材
東南アジア
アジアBiz
2019/1/31 21:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

伊藤忠商事は、タイヤ原料となる天然ゴム調達の透明性確保に動く。インドネシアでブロックチェーン技術を使い、業者間の取引を記録する実証実験を3月に始める。同様の取り組みは世界的にも初めてとみられる。企業活動の持続可能性が問われるなか、森林の乱開発などの防止につなげたい考えだ。実証後は関連業界に技術を広める。

伊藤忠はインドネシアのスマトラ島に天然ゴムの加工工場を持つ。同国シェア3位の年間36万トンを…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報