2019年8月19日(月)

ばんそこうのキャラが子供にエール バンダイ、ARサービス開始へ

2019/1/31 15:51
保存
共有
印刷
その他

「ケガしちゃったの?だいじょぶうかな?」。バンダイはキャラクターのばんそこう商品と連動する子供向け拡張現実(AR)サービスを2月2日に始める。スマートフォン(スマホ)でばんそこうの絵柄をかざすと、アニメキャラクターや戦隊ヒーローによる声優の声で、子供にエールを送る。AR技術の活用が日用品でも進んできた。

バンダイが始めるばんそこうと連動する拡張現実(AR)サービスのイメージ画面。子供を応援するメッセージなどを再生する

ターゲット層は3~6歳。ARサービス用に無料アプリ「@AR Player(アットエーアールプレイヤー)」を用意する。スマホで絵柄をかざすと、キャラクターのイラストが飛び出したり、音楽や台詞(せりふ)を再生したりする。

ARを利用できるばんそこうも同時に発売する。アニメ「スター☆トゥインクルプリキュア」と3月からテレビ放送する「騎士竜戦隊リュウソウジャー」の2種類で、価格は1箱20枚入りで各税別300円。キャラクターの絵柄はそれぞれ15種類用意した。

今後はARサービスの機能追加のほか、ばんそうこう以外の日用品への展開を検討する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。