2019年6月26日(水)

米IT見本市CESでみた日本の実力  編集委員 関口和一

ニュースこう読む
コラム(ビジネス)
(1/3ページ)
2019/2/1 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米ラスベガスで世界最大のIT(情報技術)見本市「CES」が開かれた。米中ハイテク摩擦の影響からか中国企業の躍進にブレーキがかかり、その分、日本企業の存在感が増したという見方がある。しかし主催団体がCESにあわせて発表した各国の国際競争力比較によると、日本は昨年の25位から30位へと大きく順位を落とした。

自動車のライドシェアに対する規制や税制など日本の硬直的なビジネス環境がイノベーションを阻んで…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

CES、総合技術で存在感 節目にみえた見本市の盛衰[映像あり][有料会員限定]

2019/1/18 12:00
人気プロデューサーのファレル・ウィリアムス氏(中)らと撮影に応じるソニーの吉田憲一郎社長=左(7日、米ラスベガス)

ソニーのCES出展はなぜ激変したか[有料会員限定]

2019/1/17 6:30

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報