/

この記事は会員限定です

米IT見本市CESでみた日本の実力

編集委員 関口和一

[有料会員限定]

米ラスベガスで世界最大のIT(情報技術)見本市「CES」が開かれた。米中ハイテク摩擦の影響からか中国企業の躍進にブレーキがかかり、その分、日本企業の存在感が増したという見方がある。しかし主催団体がCESにあわせて発表した各国の国際競争力比較によると、日本は昨年の25位から30位へと大きく順位を落とした。

自動車のライドシェアに対する規制や税制など日本の硬直的なビジネス環境がイノベーションを阻んでい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2617文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン