2019年6月20日(木)

日清紡HDの新社長に村上氏、業績は下方修正

2019/1/31 12:45
保存
共有
印刷
その他

日清紡ホールディングスは31日、村上雅洋副社長(60)が社長に昇格すると発表した。同社は日本無線の完全子会社化や東京シャツグループの買収、紙事業の売却などのM&A(合併・買収)を続けてきた。社長交代で経営トップの若返りをはかり、グループ経営を深化させる。

河田正也社長(66)は代表権のある会長に就く予定。3月下旬の定時株主総会を経て正式に決議する。

同日、併せて2018年12月期の連結純利益が72億円の赤字となったと発表した。従来予想から17億円赤字幅が広がった。欧州の自動車販売の減速で、新車のブレーキに使う摩擦材の売れ行きが落ち込んだ。同事業の子会社である独TMDで収益悪化が進み、繰り延べ税金資産の取り崩しも発生した。ブレーキ事業の立て直しは村上新社長に委ねられる。

決算発表は2月14日を予定している。

村上 雅洋氏(むらかみ・まさひろ)82年滋賀大経卒、日清紡績入社。秘書部長や総務部長を経て、08年執行役員。10年取締役。18年副社長。大阪府出身

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報