2019年3月22日(金)

マレーシア証券委、デロイトに罰金 1MDB関連で

東南アジア
2019/1/30 21:22
保存
共有
印刷
その他

【シンガポール=中野貴司】マレーシア証券委員会は30日、大手監査法人デロイトトウシュトーマツのマレーシア法人に計220万リンギ(約5700万円)の罰金を科すと発表した。政府系ファンド「1MDB」子会社のスクーク(イスラム債)発行に関連し、1MDBの不正行為の報告を怠ったことが法令違反にあたると判断した。

1MDBの子会社は2014年に、24億リンギのイスラム債を発行した。デロイトは15年度から16年度にかけて、この子会社を含む1MDB関連2社の監査を担当していた。

当時から1MDBを舞台にした資金の不正流用疑惑が浮上しており、デロイトは監査報告書の中で、1MDBは複数の捜査機関から調査を受けているなどと記述していた。ただ、証券委はこうした指摘だけでは、監査人としての法定の義務を履行したことにならないと判断。イスラム債の償還に影響を与える不正行為をすぐに当局に報告しなかったことは法令違反になると認定した。

マレーシア検察当局は18年12月、1MDBに関連して米投資銀行ゴールドマン・サックスの子会社を起訴した。ここにきてナジブ前首相など不正流用の当事者だけでなく、資金調達に関わった金融機関などへの責任追及を加速している。地元紙スターによると、1MDBに関連して監査法人が処分された初の事例となる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報