/

この記事は会員限定です

シーメンス、独仏鉄道統合に暗雲 欧州委が独占懸念

[有料会員限定]

【フランクフルト=深尾幸生】独シーメンスが仏アルストムとめざす鉄道事業の統合に暗雲が垂れこめている。航空宇宙で欧州を代表するエアバスのような大連合をめざすが、欧州委員会による承認のメドが立っていない。独仏両政府も急成長する中国大手と対抗するために必要と主張するが、当局は欧州での独占が進むと懸念を示す。白紙に戻れば「選択と集中」に突き進む戦略がつまずきかねない。

30日に開いた2018年10~12...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1506文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン