2019年9月16日(月)

変貌する広島の街 駅ビル、再開発で20年春営業終了

2019/1/31 5:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

広島市の中心部が大きな変貌を遂げようとしている。広島駅では駅ビルへの広島電鉄乗り入れに向けた再開発が進み、平和大通り近くには米ホテル大手ヒルトンが進出。紙屋町、八丁堀地区では百貨店など既存ビルが相次ぎ建て替えられる。被爆80年となる2025年には、これら案件が稼働し、地域の中核都市として一層のにぎわいを生み出すことになりそうだ。

JR西日本は20年春に駅ビル「ASSE」(アッセ)の営業を終える。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。