2019年2月18日(月)

マツダの世界販売161万台 18年、5年連続過去最高

自動車・機械
中国・四国
2019/1/30 19:36
保存
共有
印刷
その他

マツダが30日発表した2018年の世界販売台数は161万台と5年連続で過去最高を更新した。主要市場である米国や欧州、日本、東南アジア諸国連合(ASEAN)での販売が伸びた。多目的スポーツ車(SUV)のCX―5や、大型SUVのCX―8、CX―9の販売が好調だった。

17年比で2%増えた。米国は30万台で3年ぶりに前年を上回った。CX―5やCX―9の販売が伸びた。欧州は3%増の27万台。CX―5に加えて小型のCX―3も堅調だった。日本国内は5%増の22万台。3列シートのCX―8の販売が3万台と好調だった。タイも37%増の7万台だった。

中国は12%減の27万台。商品改良車を投入したCX―3以外は軒並み前年を下回った。中国市場専用車のCX―4は15%減だった。

世界販売の車種別ではCX―5が13%増の46万台、マツダ3(アクセラ)が12%減の38万台、マツダ2(デミオ)が13%増の17万台と続いた。

国内生産は3%増の99万台。防府工場(山口県防府市)の生産が増えた。中国2工場の生産が減少したこともあり海外生産は6%減の60万台、国内外の工場を合計した世界生産台数は1%減の159万台だった。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報