/

この記事は会員限定です

コーヒーにもトランプショック 国際協定離脱で波紋

商品部 黒瀬幸葉

[有料会員限定]

米欧や日本のほか、お茶文化の中国でも愛飲家が広がるコーヒー。世界の消費は伸び続けているが、中南米をはじめとする生産国には3つの不安が漂う。1つ目は安値が供給増の制約となるリスク、2つ目は長期的な異常気象のリスク。そして3つ目が最大消費国の米国が国際協定を離脱したことで、生産国への支援が滞る可能性だ。

「このままではホンジュラスやグアテマラなど一部の中南米産地で生産量が落ちるのではないか」。コーヒ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1233文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン