不適切統計問題、職員のメールも調査 監察委方針

2019/1/30 20:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

毎月勤労統計の不適切調査問題を巡り、厚生労働省が設けた外部の有識者による特別監察委員会は30日、職員や元職員への再調査にあたり必要に応じて過去の電子メールも調べる方針を固めた。聞き取り対象者の証言に食い違いが生じた際などに事実関係を明らかにするため。監察委は聞き取りに厚労省幹部が同席して中立性に疑いが出ており、再調査を急ぐ。

監察委は30日、会合を開いた。22日に公表した報告書は職員への聞き取り…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]