/

この記事は会員限定です

水産庁、捕鯨頭数に上限設定 省令改正で

[有料会員限定]

水産庁は7月の商業捕鯨再開に向け、毎年の捕獲頭数に上限を設けるよう省令を改正する。ミンククジラなど鯨種ごとや水域ごとに上限を設定する。領海や排他的経済水域(EEZ)で科学的なデータに基づく捕鯨を進める目的を明確にし、海外からの乱獲批判を受けないようにする。約30年ぶりの商業捕鯨のため、規定を現状に合わせる。

クジラの捕獲枠を日本の法令で定めるのは今回が初めて。かつて商業捕鯨していた際は国際捕鯨委員...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り567文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン