東京外環道 直径16メートル、最後のトンネル掘削機発進

2019/2/8 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

建設が進む東京外かく環状道路(外環道)都内区間のうち、関越自動車道と接続する北端の大泉ジャンクション(JCT、練馬区)から南向きに2本の本線トンネルをそれぞれ掘るシールド機の発進式が2019年1月26日に開かれた。シールド機は2機とも外径16.1メートルで国内最大だ。

■井ノ頭通り付近で地中接合

外環道の都内区間では、南行きと北行きそれぞれの車線用に外径15.8メートル、延長16.2キロメートルの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]