省エネ促進、家庭に照準 問われる費用対効果
検証 最大予算(下)

2019/1/30 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京都の2019年度予算案では、小池百合子知事肝煎りの政策である環境関連が目立つ。都は温暖化ガスの削減をさらに進めるため、「家庭」に照準を定めた省エネ促進策をそろえた。都内の家庭では省エネ対策が遅れがちで、消費喚起を兼ねた支援メニューを用意して背中を押す。ただ、温暖化ガスの削減は容易ではなく、予算の投入額に比べた効果は未知数だ。

「気候変動に負けない強靱(きょうじん)な都市」。小池知事が25日の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]