/

三十三FG、21年5月に子会社2行を合併

三重県に本店を置く三十三フィナンシャルグループ(FG)は30日、傘下の三重銀行と第三銀行を2021年5月に合併すると発表した。存続会社は第三銀で、三重銀を吸収合併し、行名を「三十三銀行」に変更する。日銀のマイナス金利政策などで厳しい経営環境が続くなか、重複する業務の解消などで収益力を高める。

三重銀行と第三銀行(名古屋市)

合併後の本店は三重銀と同じ三重県四日市市に置く。基幹システムは第三銀が使う日立製作所のシステムに統合する計画。合併後の経営体制や重複する支店の統廃合などについては引き続き検討する。

三重銀と第三銀は18年4月に共同持ち株会社の三十三FGを設立し、経営統合。その後は経営統合の効果をさらに高めるために両行の合併作業を進めていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン