曙ブレーキが私的整理 米国事業の急拡大でひずみ
GMやトヨタなど幅広く取引 スポンサー、トヨタ軸に

2019/1/30 11:46
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

曙ブレーキ工業は30日、私的整理の一種である事業再生ADR(裁判以外の紛争解決)を利用して再建を目指すと発表した。取引金融機関に借入金の返済の一時停止などを要請し、経営破綻を回避する。同社はトヨタ自動車を始め、米ゼネラル・モーターズ(GM)など多くの自動車メーカーとの取引がある。部品供給が滞れば自動車メーカーの生産も止まる可能性が高い。筆頭株主のトヨタを軸にスポンサーを早期に探し、再建を急ぐ。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]