/

クックCEO「iPhone低迷、長期使用が原因」

米アップルは29日、2018年10~12月決算の電話会見を開いた。ティム・クック最高経営責任者(CEO)の主な発言は以下の通り。

「相対的に米ドルが強く、我々の製品は世界の多くの場所でより高くなった」。クックCEOはiPhone低迷の理由の一つに為替を挙げた=ロイター

ご存じのように、10~12月期の売上高は私たちのもともとの期待を下回った。売上高は前年同期を5%下回る843億ドル。iPhoneの販売時期が1年前と異なることや、為替の逆風、いくつかの製品の供給の制約、そして新興国でのマクロ経済状況が影響を及ぼした。マクロ経済の弱さは特に中華圏で、我々の予測よりもシビアだった。 もう少し中華圏のビジネスについて話したい。iPhone、Mac、iPadにまたがって販売は落ち込み、我々の(中華圏の)売上高は、前年同期と比べて48億ドル減った。一方で、米国やアジア太平洋などを含めた中国以外のビジネスでは過去最高の売上高を更新した。

いまの顧客は、以前と比べて(頻繁に買い替えをせず)古いiPhoneを長く保有するようになっている。それにマクロ経済の要因が重なり、iPhoneの売上高は15%落ちた。

その背景には何があるのだろうか。顧客の購入行動を理解することが重要だ。そこには複数の要因がある。

1つ目は為替だ。相対的に米ドルが強く、我々の製品は世界の多くの場所でより高くなった。トルコでは10~12月期の売上高が前年と比べて7億ドル落ち込んだ。

2つ目は補助金だ。様々な理由からiPhoneの購入に対する補助は減る傾向にある。日本では伝統的に、通信会社が自社サービスの契約と組み合わせた購入補助をつけていた。いまは(日本の)現地の規制によって、補助金はかなり制限されている。

3つ目に我々はバッテリーの交換プログラムをおこなっていた。数百万人の顧客に対し、高くなく効率的なバッテリーを提供した。それにより、顧客がすでに持っているiPhoneをより長く使うようになった。

(買い替え期間の長期化につながるため)我々に対し、このプログラムを実施すべきではなかったと指摘する人もいる。けれど、我々は顧客にとって正しいことをしたと信じている。

とても重要なことは、こうした状況にもかかわらず、18年1月末に13億台だった(アップル製品の)稼働台数は、18年末には14億台に拡大した。主要な製品カテゴリーと5つの主要地域のすべてで過去最高となった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン