2019年7月22日(月)

カナダ、ファーウェイCFOの送還要請受理
3月1日までに手続き進めるか判断

2019/1/30 6:07
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=高橋そら】カナダ司法省は29日、中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟・副会長兼最高財務責任者(CFO)の米国への正式な送還要請を受理したと明らかにした。受理日は公表していない。同省は3月1日までに送還手続きを進めるかどうかを判断する。

カナダ当局が昨年12月に逮捕した中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟・副会長兼最高財務責任者(CFO)=ロイター

カナダメディアによると、同国の司法相は米国からの正式要請の後、1カ月以内に送還手続きの可否を決める。認められれば裁判所で審理が始まる。孟氏は裁判所の判断に異議を唱えることができる。カナダメディアは「裁判所で結論が出るまで数年かかる可能性がある」と報じており、長期化する見通しだ。

孟氏は29日、カナダの西部ブリティッシュコロンビア州の裁判所に出廷した。保釈条件の変更について協議したとみられる。同氏の次の出廷は3月6日に予定されている。

カナダ当局は昨年12月、米国の要請を受けて同国で孟氏を逮捕した。同氏は保釈が認められ、カナダに滞在している。米司法省は28日、イランとの違法な金融取引に関わった罪などでファーウェイと孟氏を起訴した。カナダに対しては犯罪人引き渡し条約に基づいて身柄の引き渡しを求めており、カナダ側の判断が注目されている。

米司法省がファーウェイと孟氏を起訴したことに対し、同社は「米国の法律に違反したなどとする事実はすべて否定する」との声明を発表した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。