/

事業再生ADRとは 対象は金融債権に限定

▼事業再生ADR 過剰債務に悩む企業の問題を解決するために生まれた制度で、裁判所が関与しない私的整理の一種として2007年に導入された。民事再生などの法的整理と違い、対象債権は金融債権に限られるため、仕入れなど商取引を継続しながら再生できる。

国が認証した第三者機関の下で金融債権者が債権放棄を話し合い、事業再生につなげる。過去にはアイフルやエドウイン、18年に田淵電機が利用した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン