/

羽田の発着枠拡大、新ルート巡り米国と合意へ

羽田空港の国際線の発着枠を増やすための新しい飛行ルートを巡り、日本政府と米国側が続けてきた交渉が近く合意する見通しとなったことが分かった。発着枠が現状の年6万回から同9万9千回に増えることが確実になる。2020年の東京五輪・パラリンピック前に運用が始まる見込みで、訪日客の受け入れ拡大に向けた弾みになる。

新たな飛行ルートは東京都心の上空を通過するため、国土交通省は関係自治体の住民を対象に騒音や落下物対策などの説明会を開いて理解を求めてきた。日本を訪れる外国人客を増やすために欠かせない施策の一つで、旺盛な旅行需要を取り込みたい航空会社の期待も大きい。今後は各航空会社への発着枠の割り振りが焦点になる。

新たな飛行ルートは在日米軍の横田基地が航空管制を担う「横田空域」を一時的に通過する。米側は軍用機の訓練などに支障が出かねないことから旅客機の通過に難色を示してきた。

ただ羽田の発着枠の増加は米国の航空会社にとっても収益強化につながる。また20年の東京五輪が迫る中で新ルートが設定できなければ大会運営にも支障が出かねないとして、政府は米側に理解を求めてきた。こうした事情から米側も最終的に受け入れる考えに傾いた。旅客機が通過する一部の時間帯は日本側が管制を行う方向だ。

20年の東京五輪を控えて、航空需要は今後も増加が見込まれる。都心に近い羽田空港の発着枠が増えると、都内から海外旅行や海外出張にも行きやすくなる。羽田は地方空港とのネットワークも充実しており、地方から乗り継いで海外に行くのも便利になる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン