JA全農と雪印系、飼料で共同出資会社 北海道に新工場

2019/1/29 20:42
保存
共有
印刷
その他

全国農業協同組合連合会(JA全農)は29日、子会社のホクレンくみあい飼料(札幌市)と雪印種苗(札幌市)が共同出資会社を設立すると発表した。北海道苫小牧市に新しく牛用飼料の工場を建設する。今まで2つの会社がそれぞれ苫小牧市に工場を持ち飼料を製造していたが、より効率的な生産体制にする。

JA系と民間企業系が酪農・畜産分野で飼料の会社を共同出資してつくるのは初めて。新会社は「ホクレンくみあい・雪印飼料」で、今年4月に設立する。資本金は3億円で、ホクレンくみあい飼料が70%、雪印種苗が30%を出資する。新工場は2021年12月に稼働開始を予定しており、肉牛・乳牛に使う飼料を年間28万トン生産する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]