2019年9月23日(月)

静岡県内百貨店 バレンタイン準備OK?

2019/1/30 10:29
保存
共有
印刷
その他

静岡県内の百貨店でバレンタイン商戦が本格化している。既に催事を展開する松坂屋静岡店(静岡市)と遠鉄百貨店(浜松市)に加え、30日から静岡伊勢丹(静岡市)でもスタート。国内外の有名チョコレート店が集まる中、今年はワッフルやパンなどチョコ以外の商品も並べ、幅広い楽しみ方を提供する。

遠鉄百貨店は県内最大の112ブランドを集めた

遠鉄百貨店の本館8階で開かれている「アムール・デュ・ショコラ」は、県内最大となる112ブランドが集結。遠鉄限定としてメリーチョコレートが土井酒造場(静岡県掛川市)の純米大吟醸酒「開運」を使って作ったガナッシュチョコレートなどを販売する。

2018年に設置して好調だったイートインコーナーを今年も設けた。ゴディバから初登場のショコワッフル、イタリアの「バビ」のソフトジェラートなどを並べる。

松坂屋でも18年に続きイートインコーナーを設置。ゴディバのワッフルや、フランスの老舗パン店「ポール」のクロワッサンなどを買って食べている来店客でにぎわう。また地元企業とのコラボも強化。御殿場高原時之栖(御殿場市)のチョコレート工房が手がけるキャンディーのような見た目で丁寧に装飾したポップショコラ、丸七製茶(島田市)の「ななや」による抹茶を使ったチョコなどを提供する。

伊勢丹は30日から特設売り場を開始。1箱でフランスで人気の8ブランドが楽しめる「MOFセレクションボックス」や、ベルアメールのスティックショコラなどが一押しという。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。