/

この記事は会員限定です

サンバイオ、夜間市場で急落 マザーズ指数先物が一時取引停止

[有料会員限定]

創薬ベンチャーのサンバイオの株価が29日夕方の私設取引で一時、同日の東証終値に比べて30%安と急落した。米国で大日本住友製薬と共同開発している慢性期脳梗塞向け再生細胞医薬品の臨床試験の速報結果で「主要評価項目を達成できなかった」と日中取引の終了後に発表。新薬開発を手掛かりに昨年末比で4割高となっていただけに、失望売りが膨らんだ。

サンバイオと大日本住友が共同開発するのは慢性期脳梗塞が対象の再生細胞医薬品「SB623」。再...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り365文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン