「統計国会」論戦始まる 止まらぬ不適切調査
与党からも批判

2019/1/29 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

通常国会で焦点となる毎月勤労統計の不適切調査を巡る論戦が始まった。野党は29日の参院本会議で統計を基にしたアベノミクスを非難した。安倍晋三首相は反論した。厚生労働省では連日、統計の不適切調査に関する新たな事実が発覚。与党からも批判が出ている。

立憲民主党の風間直樹氏は「毎勤統計はアベノミクスが成功している根拠とされてきた」と指摘した。共産党の吉良佳子氏は賃金上昇の根拠が崩れたとして10月の消費税…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]