2019年7月16日(火)

神戸製鋼、チタン加工品10%値上げ 需要増や原料高で

2019/1/29 17:54
保存
共有
印刷
その他

神戸製鋼所は29日、レアメタル(希少金属)のチタンを管や板に加工した展伸材の出荷価格を一律10%引き上げると発表した。4月出荷分から適用し、上げ幅は1キロ当たり数百円となる。需要の増加や原料価格の上昇を反映した。値上げは2017年10月以来1年半ぶりとなる。

展伸材の需要は伸びている

チタンの需要は世界的に増加傾向にある。在庫調整が一段落し、欧米の航空機メーカーが調達を増やしている。新興国のプラントやプレート式熱交換器向けなどの引き合いも強い。

展伸材の中間原料となるスポンジチタンの18年度の国内取引価格は、需要増やチタン鉱石価格の上昇を映し6年ぶりの引き上げとなった。スポンジチタンの価格は19年度も上昇する可能性がある。神鋼は「今後の動向次第では追加値上げも検討する」と話している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。