2019年8月18日(日)

ワクチンもテーラーメード 遺伝子解析で実現、NextTech2030

2019/1/30 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

今冬もインフルエンザが猛威をふるっている。こうした感染症の予防に欠かせないのがワクチンだ。国立感染症研究所は遺伝子の解析技術を生かし、個人の体質に合わせたワクチンを実現する手法の開発に挑んでいる。2030年には様々な感染症で、有効性や安全性の高いテーラーメード(個別化)ワクチンが実用化しそうだ。

「検査結果から、あなたにはこのワクチンが一番有効ですね」。203X年、医者からこのように説明され、自…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。