/

この記事は会員限定です

自民派閥、囲い込み強まる 人事や「ポスト安倍」にらみ

[有料会員限定]

自民党の各派が議員の囲い込みを強めている。二階派は民主党政権下で要職を歴任した無所属の細野豪志元環境相を特別会員として迎える方針だ。第2派閥を争う麻生派と竹下派は所属議員数が同数になった。夏の参院選後の人事や2021年9月の安倍晋三首相の党総裁任期切れをにらみ、勢力拡大の動きが早くも激しくなっている。

細野氏は民主党幹事長などを務め、17年衆院選前に東京都の小池百合子知事が立ち上げた希望の党に結党...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1272文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン