/

日立、アジャイル開発支援サービス 場所と人材を提供

日経クロステック

日立製作所は2019年1月28日、短期間で開発と検証を繰り返す「アジャイル開発」のプロジェクトの立ち上げを支援する「アジャイル開発コンサルティングサービス」を2月1日から開始すると発表した。「最短1週間でプロジェクトルームと開発要員をセットで提供するので、すぐにアジャイル開発に取りかかれる」(日立製作所アプリケーションサービス事業部の西脇康人デジタルソリューション推進部担当部長)と言う。

同サービスは、(1)協創空間提供サービス(2)コーチングサービス(3)メソドロジーコンサルティングサービス──の3つからなる。

(1)は、アジャイル開発するためのプロジェクトルームと、日立の開発要員をセットで提供するもの。最短約1週間でプロジェクトルームを確保し、ホワイトボードやデスク、椅子といった什器(じゅうき)、開発に利用するパソコンやソフトウエアなどを用意する。プロジェクトルームは、プロジェクトメンバーのみが入室できるようにセキュリティー対策も施されているという。

プロジェクトルームの場所は、横浜市にある日立オープンラボ横浜のほか、都内を中心に60カ所以上の施設から選べる。日立は同サービスを提供するため、レンタルオフィスを提供するイトーキシェアードバリューや日本リージャスなどと提携。ユーザー企業の開発拠点から近い場所にプロジェクトルームを設置できる体制を整えた。

(2)は日立内の認定スクラムマスターを派遣し、アジャイル開発における教育を実施するもの。開発に必要な知識を短期間で習得できる導入方法やプロジェクトの立ち上げルール、開発中の進行方法などをアドバイスする。

(3)は、日立のアジャイル開発のノウハウ集「HIPACE Agile Scrum Methodology(ハイペース・アジャイル・スクラム方法論)」をベースに個々のプロジェクト向けに最適な開発方法論を提案する。また、IT(情報技術)システム全般に関する社内規約の整備や標準化の取り組みも支援する。

アジャイル開発コンサルティングサービスで提供する(1)~(3)のサービスは全て個別見積もり。(1)のサービスだけを選択することも可能なので、セミオーダーメードで必要なサービスだけを選択できる。日立は同サービスによって20年3月までに100プロジェクトの立ち上げを狙う。

(日経 xTECH/日経SYSTEMS 安藤正芳)

[日経 xTECH 2019年1月28日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン