2019年2月17日(日)

三菱航空機、ボンバルディアを反訴 「開発阻害の違法行為」

自動車・機械
中部
社会
2019/1/29 11:30
保存
共有
印刷
その他

国産ジェット旅客機「MRJ」を開発している三菱航空機(愛知県豊山町)は29日、カナダの小型旅客機メーカー、ボンバルディアがMRJの開発を阻害する行為をしたとして米シアトルの連邦地裁に提訴したと発表した。三菱航空機はボンバルディアから機密情報を不正に入手したとして提訴されていたが、反訴するかたちとなった。

三菱航空機は昨年10月、旅客機の開発などに関する機密情報を不正利用したとして提訴された。同社は「ボンバルディアの主張には根拠がない」とし、昨年末に米国子会社を通じ、訴えの却下を連邦地裁に申し立てた。

三菱航空機は同日「ボンバルディアの真の意図はMRJの開発を阻害し、最終的に市場投入を遅らせることにある」とのコメントを発表した。そのうえで2020年半ばの初号機納入に向け「プログラムの成功に影響を及ぼすものではない」とも指摘した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報