/

慰安婦財団の許可取り消し 韓国政府

2018年11月、元慰安婦の女性らの支援団体が開いた集会で財団の解散を歓迎する参加者=共同

【ソウル=恩地洋介】韓国の女性家族省は28日、従軍慰安婦問題を巡る2015年の日韓合意に基づき韓国政府が設立した「和解・癒やし財団」の法人許可を取り消し、21日に財団側に通知したと明らかにした。解散手続きの完了には1年程度かかる見通し。日本が拠出した10億円のうち約6億円が残っており、宙に浮いた状態だ。韓国政府は18年11月に解散方針を一方的に表明していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン