/

この記事は会員限定です

大学発アイデア青田買い 眠る技術に照準、民間資金で革新狙う

[有料会員限定]

民間企業やベンチャーキャピタル(VC)が、大学の斬新な研究プロジェクトの支援に乗り出す。ダイキン工業は東京大学との協業に100億円を投じ、早稲田大学の認定VCは研究テーマごとに資金を募る。有望なアイデアに資金を提供するのは海外では一般的。研究開発の自前主義に限界を感じ、大学に眠る技術を活用しなければ競争力が衰退するとの企業の危機感が背景にある。

大学の研究成果を基に起業する大学発スタートアップは、技術を実用化...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1863文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン