/

この記事は会員限定です

アクセンチュア なぜ会津若松に高技能人材200人移籍?

[有料会員限定]

米国系コンサルティングのアクセンチュアは2019年春、福島県会津若松市の拠点に東京などで働く高技能の人材約200人を移籍する。同市では国や市が行政サービスや健康づくりなどにIT(情報技術)を活用する「スマートシティ構想」を進める。同社福島イノベーションセンターの中村彰二朗センター長に背景と狙いを聞いた。

――なぜ高技能の人材が地方に来るのですか。

「会津若松市では情報技術(IT)を使ってエネルギー効...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り720文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン