2019年9月16日(月)

観光・インバウンド

埼玉・熊谷でインバウンドセミナー ラグビーW杯に備え

2019/1/28 22:00
保存
共有
印刷
その他

埼玉県熊谷市観光協会と武蔵野銀行は28日、市内の飲食店や小売店を対象とした訪日外国人(インバウンド)対策セミナーを開いた。今年秋のラグビーワールドカップ(W杯)を前に、市内事業者の対応力を強化するのが狙い。約30人が参加し、インバウンドの動向や効果的な集客策、キャッシュレス決済の重要性などを学んだ。

約30人の事業者が講演に耳を傾けた(28日、熊谷市)

インバウンド対策などを指南する「ぐるなび大学」の山崎啓輔氏が講師として登壇。外国人客の動向に関する各種データや先行事例を交えながら「日本酒とビールは集客の核になる」「外国語に対応したメニューさえあれば、話せなくても大丈夫」など具体的な対応策を助言した。

W杯のスポンサーを務めるハイネケンとライセンス契約を結んだキリンビールの担当者が販売促進策などを紹介したほか、クレジットカード会社によるキャッシュレス決済の動向や導入利点などの説明もあった。

熊谷市内では9~10月に1次リーグ3試合が開かれる予定。国内外から多くの集客を見込んでおり、受け入れ強化に向けたハード、ソフト面の整備が官民で進んでいる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップスポーツトップ

観光・インバウンド 一覧

埼玉県や熊谷市のキャラクターが描かれている(イメージ)

 秩父鉄道はラグビーワールドカップ(W杯)を記念してラグビーボール型の乗車券を販売する。秩父鉄道の全線で1日乗り降り自由の乗車券で、9月30日まで購入できる。熊谷市で開催されるラグビーW杯の試合日には …続き (8/10)

 秩父鉄道は、9月に開幕するラグビーワールドカップ(W杯)をPRするラッピング車両の運行を始めた。埼玉県と熊谷市が400万円で委託。外観だけでなく、車両内も「埼玉・熊谷会場」のデザインで装飾した。1日 …続き (3/4)

大分県産のブリや干ししいたけを使った「フィッシュ&チップス」

 ラグビーワールドカップ(W杯)開幕まで約200日となり、大分県はインバウンド(訪日外国人客)向けに県産食材を使った英国の代表料理「フィッシュ&チップス」を県内レストランとともに売り出す。県内の開催試 …続き (3/4)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。