/

この記事は会員限定です

介護浴槽、アジアなどの需要開拓 岡山・オージー技研

[有料会員限定]

医療機器やリハビリ機器などの製造を手掛けるオージー技研(岡山市)は低周波治療器、車いす生活や寝たきりの人が入浴できる「介護浴槽」の輸出を拡大する。海外の販売店を直近の1.5倍に増やし、アジア・中東・欧州で医療機関や介護施設に売り込む。2021年6月期に海外売上高を、直近の3億円弱から5倍以上の16億円に引き上げる計画だ。

同社は30年以上前、低周波治療器を中心とした理学療法機器の輸出を開始。その後...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り810文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン